手作りファクトリー

     もの作りを始めると ・・・

     現実の世界が遠ざかっていく ・・・

      誰も知らない まっ白な空間が広がる

        トントン   ノックの音

      振り向くと そこには扉が・・・

        トントン   ノックしてみる

      「どうぞ」 の声が・・・

        扉をそっと開けてみる

      そこには・・・

        もの作りの天使たちが小さな種を蒔いている

       美しい大きな夢の花を咲かせるために・・・

        あなたも 夢の扉を 開けてみませんか? 

         

          

    ユニークで面白い あなたのオリジナル作品の

  写真を募集しています。

  作品に名前を付けて、アピールするところ

  書いてお送り下さい。

  匿名希望の方は、HPネームを付けて下さいね。 

                     お待ちしています。

    ご質問・ご相談は何でもSOSをご覧下さい。

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

針山母さんの端切れ活用術(夏)

 針山母さんは、お出かけするのが大好き!

週に一回は、お買い物に出かけます。

 お供は、履物一族の双子の草履のお化けの

ウッソクとサッソクの愉快な二人です。

 

 針山母さんの住んでいる、お裁縫箱の家の近くには

買い物が出来るところが、何もありません。

すご~く遠くまで出かけなければならないのです。

 でも、安心して ・・・ どんなに遠く離れていても

ウッソクとサッソクが居れば ・・・ あっ! と言う間に

目的地に着いてしまいます。

とっても便利な二人です。

 

 針山母さん ・・・ 今日は、朝から何だか ・・・ソワソワ ・・・

 

 最近、お裁縫箱の国に科学の国から進出して来た

大きなショッピングモールが出来ました。

針山母さんは、そこでお買い物をするのを

とても楽しみにしています。

 なぜなら ・・・今までに見たことのない

美味しそうな食べ物やキラキラした商品がいっぱいあるからです。

針山母さんにとっては、魔法の国へ迷い込んでしまった

少女の様に、ワクワクする場所なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも ・・・

最初にお出かけした時には ・・・ もう、大変!

初めて見る物だらけで ・・・ キョロキョロ

すると ・・・ 突然、道路が勝手に動いて ・・・

すってんころりん!

ウッソクと一緒に尻餅を突いてしまいました。

 

 階段をのぼろうとしたら ・・・

また ・・・ 勝手に動き出して ・・・大慌て ・・・

サッソクと一緒に転がり落ちそうになって ・・・ヒヤヒヤ

おまけに ・・・ 階段が床の中に消えてしまい ・・・びっくり仰天!

 

 窮めつけは ・・・

触れもしないのに扉が勝手に開いて ・・・ 又も、びっくり!

入ろうか ・・・迷っていたら、挟まれてしまい ・・・ アタフタ

ウッソクとサッソクに引っ張られて ・・・ 助かりました。

 未だに ・・・ 回転する扉は、避けてます。

 

 

 

 

 今日も、ショッピングに満足した針山母さんの手には

美味しそうなスウィーツのお菓子や、便利な品物でいっぱいです。

ウッソクとサッソクも、両手に買い物袋がいっぱいです。

 すると ・・・

ウッソクが、 ぴーっと 口笛を吹きました。

 暫らくすると ・・・上空から、白い翼をいっぱいに広げた

籠の鳥が大空を駆けて来ました。

針山母さんが、買い物をした荷物を運んでくれるのです。

 

 籠の鳥は、荷物の多さに ・・・ ちょっと、びっくり!

慌てて、後ずさりして帰ろうとしている所を ・・・

ウッソクとサッソクに引っ張られて ・・・

構わず、沢山の荷物をお腹の籠に詰め込まれています。

パンパンにお腹が膨らんで ・・・ 爆ぜそうです。

 

 

 針山母さんは、ヨタヨタ 羽ばたいて行った籠の鳥を

笑顔で見送っていると ・・・

 

「母さん ・・・」

えっ! 頭の中に声が聞こえました。

「針山母さん ・・・」

ウッソクとサッソクもキョロキョロ ・・・?

「ほつれ ・・・?」

針山母さんが、辺りを見回すと ・・・

ほつれが、店内の片隅に立っていました。

 

 ほつれは、布の精霊です。

何かを伝えたい時に、現れるのです。

 

 針山母さんは、ほつれの方に向かいます。

すると ・・・

ほつれは、針山母さんの耳元で何かを囁くと ・・・

すーと 消えてしまいました。

 針山母さんは、ほつれが居た所に行って ・・・にっこり!

少し傷ついた端切れや、寸足らずの端切れが ・・・ いっぱい!

「一片には無理だから ・・・少しずつね ・・・」

と、言いながら二枚の端切れを選びました。

 

 そして ・・・

ウッソクとサッソクと一緒に ・・・

みんなの待つ、お裁縫箱の家に帰って行きました。

 

 針山母さんは ・・・

ショッピングモールで二枚の端切れを買って来ました。


綿100%                     綿100%

 

110cm幅                    110cm幅

 

丈100cm                    丈140cm

 

280円                       400円

 

 

 

針山母さんは、買って来た二枚の端切れを使って ・・・

何を作るのでしょうか ・・・?

 

 

 

  答えは ・・・?

 

  針山母さんの端切れ活用術(夏) へ ・・・ どうぞ ・・・